トイレ買取、便器買取、水栓買取、食洗器買取

トイレ、水栓、便座など住宅機器買取専門店

*

【生ゴミ処理機の種類とは】

生ゴミ処理機をご紹介させていただきます。まずは購入前に知っておきたい種類を事細かにお届けします。

▪生ゴミ処理機「バイオ式」

生ゴミ処理機にはバイオ式トいうタイプがあります。商品が良いのか悪いのか中々判断が難しい特徴があります。バイオ式の生ゴミ処理機は微生物の力を使って生ゴミを85%分解し水と炭酸ガスに分解する特徴があります。また、バイオ式は全て屋外に設置します。メリットとしては、雑音が少ないことが挙げられます。一方、デメリットにはコストがかかったり、屋外でしか使えなかったりする不便さもあります。バイオ式は、微生物に分解させて処理しているため、堆肥化が早く行えることが選ばれる理由になっています。

▪生ゴミ処理機「乾燥式」

生ゴミ処理機の乾燥式は、比較的コンパクトで、臭いも少ない特徴が魅力で屋内に設置することができます。先ほどのバイオ式と異なり、手間が少ないので初心者にもおすすめの生ゴミ処理機です。機械的な処理を行なうため、比較的電気代が高くなってしまうため、長期的に節約したいのならバイオ式が向いています。どちらにするかは値段と機能を比較して決めましょう。

「生ごみ処理機まとめ」

生ゴミ処理機の種類の主な2パターン「バイオ式」「乾燥式」を説明しました。ニオイが出る点や電気代などが購入するときの一番の決め手になるはずです。乾燥式で処理したものや、生ゴミをそのまま埋めると堆肥になるのに数か月〜半年近くの時間が必要ですが、バイオ式は1か月前後ととても早い期間で達成できる優れものです。一方、乾燥式は屋内で使用できるメリットや、設置が簡単な点も初心者に向いています。どちらもメリットデメリットありますので、慎重に選ぶよう心がけましょう。

【生ゴミ処理機の種類とは】関連ページ

生ごみ処理機はハイブリット式がおすすめ?
家庭から出るゴミの多くは生ゴミなのご存知でしたか? あの嫌なにおいの原因である生ゴミを家庭で処理をすることができるのが生ゴミ処理機です。 そんな生ごみ処理機は電気代が高いと噂になっているようですが、どのくらいなのでしょう […]