トイレ買取、便器買取、水栓買取、食洗器買取

トイレ、水栓、便座など住宅機器買取専門店

*

生ごみ処理機はハイブリット式がおすすめ?

家庭から出るゴミの多くは生ゴミなのご存知でしたか?

あの嫌なにおいの原因である生ゴミを家庭で処理をすることができるのが生ゴミ処理機です。

そんな生ごみ処理機は電気代が高いと噂になっているようですが、どのくらいなのでしょうか?

生ごみ処理機のタイプ別で電気代を比較してみました。

■生ごみ処理機 乾燥式

乾燥式は熱を加えて、生ゴミを乾燥させて処理します。処理後にはゴミが残るので処理する必要があります。

月の電気代は約1000円と言われていますが、購入時の価格は他の2タイプと比べると安価で購入することができます。

ただ、ニオイや音の問題もあるので少しでも購入価格を安くしたいという人向けです。

■生ごみ処理機 バイオ式

バイオトイレで聞いた事があるバイオ式は微生物の力で生ゴミを処理します。

月の電気代は約1000円ですが、音が出ないのでとても静かです。

バイオ式のデメリットは屋外にしか置くことができず、微生物を使っているため独特なニオイが出てしまいます。

■生ごみ処理機 ハイブリッド式

ハイブリット式も微生物の力で生ゴミを処理します。乾燥させながら処理するので処理後にゴミは残りません。

月の電気代も約400円と安く、半年~1年に一度ごみを処理したことによって増えた土を捨てるだけと手間もかかりません。

ニオイもなく、音も出ないので一番ストレスなく使用できる生ごみ処理機です。

購入価格が高いのが唯一のデメリットではないでしょうか。

 

助成金?

ただ生ごみ処理機を購入するときに自治体に申請をすると助成金がでる場合があります。

助成金を上手く利用すると、生ごみ処理機を安く手に入れることができてゴミ袋を節約することが出来ます。

申請方法は各市町村役場に問い合わせてみて下さい。

生ごみ処理機は3タイプあるので、価格や生活環境を踏まえた上でぴったりな処理機を選んで下さい。

生ごみ処理機はハイブリット式がおすすめ?関連ページ

【生ゴミ処理機の種類とは】
生ゴミ処理機をご紹介させていただきます。まずは購入前に知っておきたい種類を事細かにお届けします。 ▪生ゴミ処理機「バイオ式」 生ゴミ処理機にはバイオ式トいうタイプがあります。商品が良いのか悪いのか中々判断が難しい特徴があ […]