トイレ、水栓、便座など住宅機器買取専門店

*

水栓買取なら全国対応お任せ下さい!

  • 水栓買取ファスハンは日本と世界を繋ぐ架け橋として、新品、中古商品をリユースしていきます。
  • 水栓買取ファスハンは多くの専門家を擁した査定、徹底した価格調査で、業界最高価格のお買取り価格を目指します!
  • 水栓買取ファスハンは今までのリサイクルショップにはない、丁寧な接客を心がけます。

 

水栓、混合栓、サーモスタット買取価格

水栓金具なんでも高く売るなら!
TOTO、リクシル、イナックス、
カクダイ、三栄、グローエまで・・・

業界最高価格での各種水栓買取を致します!

中古、新品のシングルレバー、シャワー付き水栓、
引出し水栓何でも買います!

全国対応!大阪、名古屋、神奈川、埼玉は特に強化月間!

御陰様で各種水栓の買取件数が10000台を突破しました!

水栓、混合栓の買取価格の問い合わせ

もし他社様より1円でも安い場合、会社情報を頂ければ、再審査させて頂きます!
水栓以外でも、水回り商品はお任せ下さい!
高く売るなら水栓買取ファーストハンズ!

まずは
フリーダイヤル0120-973-563
にお電話を!
メールフォームにても受付しております

トイレ減額無し

 

各種水栓の買取価格一例

洗面用水栓、シングルレバー混合栓

TOTO
TLHG30AE
新品買取価格:5500円

 

 
シングルレバー引出しシャワー水栓
TOTO
TKGG32EB
中古買取価格:6500円

 

サーモスタット付きシャワー混合水栓
イナックス/リクシル
BF-M140TSD
新品買い取り
価格:9000円

 

カクダイ シャワー付き混合栓 173-061K-220
中古買取価格:4000円

グローエサーモスタットシャワー混合栓 サーモ3000
中古買取価格:要お問い合わせ

※上記金額は、変動致します

水栓見積もりはこちら

水栓高価買取の三つの理由!

  • 買取価格の徹底した調査と柔軟な対応で、常に最高価格での買取額を提示できます!
  • その時の最高価格の買取のため、世界中に向けて各種水栓の販売をしていきます!
  • 店舗を増やさずインターネット上での展開、コスト自動化や経費削減により、運営費が抑えらています!

お買取りの事前査定はフリーダイヤル 0120-973-563

各種水栓について

水栓金具と言っても様々な種類があります。
大きく分けて、単水栓、2ハンドル混合栓、シングルレバー混合栓、
サーモスタット混合栓、引出しシャワー水栓が代表的です。
他にも浄水器付きの水栓もあります。

単水栓は、昔から学校などにある蛇口をひねるタイプ。
ハンドルを左(反時計まわり)へまわすとスピンドルが上がり、
こまと本体の弁座にすき間ができて吐水(水を出す)するものです。
今では少なくなりましたが、まだまだ全国で使われています。
水しかでません。

2ハンドル混合栓は赤と青の蛇口があり、お湯も出てくるタイプです。
お湯だけじゃなく水も調整して入れることで、自分で温度を決めれますね。

シングルレバー混合栓は、蛇口をまわすのではなく、レバーを上下させてお湯やお水を出します。
レバーハンドルと連動したバルブによって、湯水の通水路の開閉を加減し、
吐水量や湯温を調節するしくみです。
シンプルな操作で使いやすく、現在のキッチンでは主流になっています。
台付や壁付の混合水栓があります。

サーモスタット混合栓は、給湯温度や水圧が突然変わっても吐水温度をほぼ一定に保つ、
自動温度調節機 能付の水栓です。
この機能により、シャワーを浴びている時に突然冷たくなったり、暑くなったりを回避できます。
最近の浴室には、ほとんどこのサーモスタット水栓が設置されています。

食洗器や水栓の買取はこちら!

 

 

簡単お手軽な水栓高価買取の方法!

宅配買取 大人気!簡単お手軽の宅配買取
お見積り後、御自宅にいるだけで全国お電話1本で伺います。
数が多い水栓でも買い取り簡単です!もちろん、送料無料!!入金も早めです!!
お住まいがお近くでしたら持ち込み買い取り!
その場で代金をお渡し致します!!持ち込みサービス金も追加されるかも?
※前日までの御予約が必要です。お振込みになる場合がございます。
持ち込み買取 集荷地域や商品が多い方、法人様など限定理由がございますが、
弊社スタッフが直接伺います。あれもこれもという方にはお勧めの買取方法!
柔軟な対応をさせて頂きますので、まずはお電話を!

 

水栓買取ブログ

水栓買取に関しての各種ブログ過去一覧はこちらから!

水栓ブログ

水栓、シャワー水栓などの買取の最新記事

水栓から「キーン」と音が鳴る原因は?

キッチン水栓を使っていると、「キーン」という甲高い異音が響いてくることがあります。 本来なら静かに使えるはずの水栓から音が鳴るときは、どんな理由があるのでしょうか?   <キッチン混合水栓の水圧が高すぎる> & […]

浄水器付きの水栓にはどんなメリットがある?

いろいろなタイプの水栓の中には、高性能な浄水器を内蔵したものがあります。 浄水器内蔵型には、通常の水栓とは異なるメリットがあるので、導入するかどうか迷っている人は、よく考えてみてください。   <浄水水栓はいつ […]

洗面台の水栓をきれいに使うための4つのポイント

生活の中で頻回に使う洗面台の水栓は、ただ放置していると、どうしても汚れが蓄積されてしまいます。 掃除のコツを意識しながらしっかりと手入れを行い、水栓の汚れを防ぎましょう。   <水栓蛇口の汚れは重曹とクエン酸で […]

■キッチン水栓選びで迷ったときの注目ポイント

キッチンの水栓を始めて選ぶときは、どれにするか決められず、なかなか購入までたどり着けないことがあります。 ここでは、そんな悩みを解決するためのチェックポイントを紹介するので、困ったときは参考にしてみてください。 &nbs […]

こんな水栓の小ネタ満載です!

水栓のハンドルが固い!蛇口が回らないときの対処法

水栓(蛇口)は消耗品なので、長年使用しているとハンドルが固くなったり回らなくなることがあります。蛇口から水が出ないと困りますよね。

水道屋さんに修理・交換を依頼することになりますが、自分で修理できる場合もあるので、ぜひチェックしてみて下さい!

単水栓なら自分で修理可能

蛇口から水かお湯のどちらか一方が出てくる単水栓は、構造がシンプルなので自分で修理できる可能性が高いです。
水栓を修理するときは、水が出てこないように元栓や止水栓を締めて作業しましょう。

水栓のハンドルが固いときは、ハンドルをドライバーなどで開けてシリコングリスを注入することでスムーズに蛇口が回るようになる場合があります。
もし、シリコングリスを塗っても蛇口が固い場合は、部品の交換が必要です。

・スピンドル
・水栓コマ
・ゴムパッキン

などが摩耗していたりサビでいる場合は、新しい部品と交換して下さいね。
水栓全体が経年劣化しているのなら、思い切って新調してしまうのもひとつの方法ですよ!

混合水栓なら修理を依頼しょう

ひとつの蛇口から水とお湯の両方が出る混合水栓は、構造が複雑な上に部品の交換には専用の工具が必要なので、水道屋さんに修理を依頼するのがおすすめです。
どうしても自分で修理したいという人は、ホームセンターなどで

・水栓プライヤー
・精密ドライバー

を購入しましょう。工具を揃えるだけでも6千円近くかかるので、悩むところですよね。
シングルレバーの混合水栓のレバーが固い場合はカートリッジの交換になりますが、ハンドル部分を取り外してシリコンスプレーをするだけで直る場合もありますよ。

 

中古でも高価買取!タッチレス水栓の嬉しいメリット4選

水栓を購入するとき、タッチレスタイプに魅力を感じつつも、少し迷ってしまうようなら、メリットをしっかり見つめるようにしましょう。初めて手を出す商品には不安を感じることもありますが、メリットを把握した上でじっくり検討していけば、答えが出やすくなります。

新しく水栓を購入する予定がある人は、これから紹介する4つのメリットを、ぜひ参考にしてみてください。

 

<触らなくてもスムーズに水が出せる>

 

タッチレス水栓を使った時の最大のメリットは、手で蛇口やレバーをひねらなくても使えることです。手を差し出すだけで水が出てくるため、触ることで発生する悩みは、すべて解決できます。

例えば、料理中に汚れた手を洗うときは、蛇口やレバーに触ることをためらってしまいます。無駄な汚れを増やせば、後始末が面倒になってしまうからです。しかし、触らずに水が出せるタッチレスタイプなら、遠慮せずにすぐ洗うことができます。

外から帰ってきたときも、汚れた手で触れる前に、まずしっかりと洗うことができるため、衛生管理を徹底したいときは、とても役立ちます。

また、子供や高齢者が楽に使えることも、魅力的なポイントです。必ず蛇口やレバーに触れるタイプは、子供の手が届かなかったり、力の弱いお年寄りがひねるときに苦労したり、何かと不便に感じる場面があります。タッチレス水栓であれば、そうしたデメリットはなく、誰でも快適に水を使うことができるのです。

 

<節約がしやすい>

タッチレス水栓は、手をかざすと水が出て、引っ込めると止まります。そのため、水を出しっぱなしにすることがありません。センサーがしっかりと働くことで、本当に必要なときだけ出し、不要なときにはきっちりストップできるのです。

この特徴は、節約のために助かるものです。手を洗うとき、石けんを泡立ててこする間は、少し離れてみましょう。センサーに反応しない位置でこすれば、蛇口に触らなくても、いったん水を止めることができます。そうした使い方をすれば、水を無駄にすることはありません。料理をするときなども、ちょっとだけ離れることを心がけていれば、必要最低限の消費にとどめることができるのです。

日頃から無駄が多いように感じている人は、タッチレス水栓を購入し、うまく活用していきましょう。

 

<掃除が楽になる>

 

まったく触れずに水を出すことができるタッチレス水栓は、基本的に汚れません。普通の水栓だと、汚れた手で蛇口やレバーに触れるため、あとで洗い流す手間があります。しかし、タッチレスを導入すれば、その作業を省略できるのです。

また、水垢の掃除も省くことができます。水栓の水垢は、濡れた手で蛇口やレバーを触り、水滴が残ったときに増えるものです。タッチレス水栓なら、一切触れる必要がないため、水滴も残らず、水垢のないきれいな状態を維持できるわけです。

そのため、面倒な掃除を省略したい人は、ぜひタッチレスの購入を検討してみてください。掃除のために費やしていた時間を削れば、空いた時間を別のことに使い、生活の他の部分を充実させていくことができます。

 

<水量や温度を自由に調節できる>

 

かつてのタッチレス水栓には、水量や温度の細かい調節が難しいものもありました。そうしたデメリットは、購入を諦める原因のひとつでしたが、現在は改善された商品が多く出ているので、あまり気にする必要はありません。

不便な点に注目し、「もっと便利に」と思考錯誤を続けた結果、今のタッチレス水栓は、水量も温度も楽に変えられるようになりました。そうした調節の作業まで、ほとんど手を触れずにできる商品もあります。

したがって、進化する前の古いイメージをもっている人は、まず自分の中の情報を更新しましょう。昔よりも便利なものが多く出ているので、最も楽に調節できそうな商品を探してみてください。新しいタッチレス水栓なら、余計なストレスを感じることなく、いつでも最適な方法で水を使うことができます。

 

水栓高価買取

 

事前買取査定はフリーダイヤル0120-973-563
(平日9時~19時、土日9時~17時)
メールフォームにても受付しております

■キッチンでシャワー付き水栓を使う5つのメリット

 

キッチンで使う水栓には、ハンドシャワー付きのタイプがあります。シャワーがついていると、通常の水栓とは違った魅力があるものです。

これから水栓を選ぶ人は、そのメリットをチェックしておきましょう。

 

<シンクを隅々まで洗える>

 

水栓にシャワーがついていると、ホースを伸ばすことで、遠くまで水が届くようになります。これは、シンクの掃除を助けてくれる要素です。

シャワーなしでシンクを洗う場合、水を全体にかけるためには、少し工夫しなければいけません。手や容器に水をため、そこから全体にかけていく必要があります。隅の方まで届かないため、そうした面倒な作業が発生するのです。

しかし、シャワー付きなら問題はありません。ホースを少し伸ばすだけで、簡単に届きます。余計な作業を省略し、直接水をかけて洗えるのです。それなら、水を汲んで移動させる際、こぼしてイライラすることもなくなります。普段の掃除で不便さを感じている人は、ぜひシャワー水栓を導入してみてください。

 

<大きい調理器具を洗いやすい>

 

自由自在にホースを伸ばせるシャワー付き水栓は、サイズの大きい調理器具と相性がよいものです。大きめの鍋やフライパンなどは、シャワーを使うと、しっかり汚れを落とすことができるのです。

通常の水栓は、大きいものを洗おうとすると、うまくいかないことが多くなります。出てくる水を移動させることができないため、思うようにかかってくれません。そのため、どうしても水が届かず、汚れが残ってしまう部分があります。せっかく洗うなら、全体にくまなく水をかけ、細かいところまできれいにしたいものです。

そんなときは、シャワー付き水栓が役立ちます。ホースを伸ばせば、シンクを洗うときと同じように、隅々まで水をかけることができるのです。ピンポイントで丁寧に洗い、いつも気持ちよく使えるようにしておきましょう。

 

<背の高い容器にも楽に水が入る>

 

シャワー水栓は、バケツや花瓶といった高さのある容器に、スムーズに水を入れることができます。ホースが伸び、口の部分までしっかり届くため、苦労することはありません。

通常の水栓だと、背の高い容器は、斜めに倒さないと入らないことがあります。そのため、せっかく入れたものが流れ出てしまうことも多いのです。容器の大きさによっては、どうやってもシンクで水を汲めないこともあります。

そんなときは、ホースを使えるシャワー水栓が便利です。容器の角度に悪戦苦闘することなく、サクサクと必要な水量を確保できます。小分けにして往復したり、いったん別の容器に入れてから移したりする必要もありません。少ない労力で目的を達成できるようになるので、通常の水栓で困った経験がある人は、シャワー付き水栓にしてみてください。

 

<水量を抑えられる>

 

シャワーで水を出すと、水量が少し減ります。そのため、節約をしたい人には、シャワー水栓がおすすめです。

通常の水栓でストレートに出す場合は、水量が多めになるため、節水にはあまり向いていません。必要以上に水が流れてしまい、もったいなく感じることがあるのです。

しかし、シャワー水栓なら、うまくセーブできます。水の中に空気が入る泡沫水栓タイプであれば、空気の分だけ、より量を抑えることができるのです。

また、すすぎにかける時間などが短縮できることも、節水につながります。シャワーだと広範囲に水がかかり、一気に洗剤が流れるため、いつまでも水を出す必要はありません。ホースを伸ばして作業できることも、時間短縮を助けてくれる要素です。

整水とシャワーの切り替えが可能なタイプにしておくと、必要に応じて使い分けなることもできます。効率よく水を使い、しっかりと節約してください。

 

<水が飛び散らない>

 

シャワー水栓だと、シンクが必要以上に濡れることはありません。周囲にかかる飛沫が少ないため、あとで拭く手間が省けるのです。

ストレートに水を出していると、そこに手を入れたり、食器を入れたりすることで、水が激しく飛び散ってしまいます。水流が太いため、どうしても飛沫が発生しやすいのです。

しかし、シャワーなら水流が分散されるので、そこまで飛び散ることはありません。周りを水浸しにすることなく、スマートに洗い物などを済ませることができるのです。泡沫水栓だと、空気が含まれることで、より飛び散る量が少なくなります。

また、ホースで角度の調節が自由にできることも、重要なポイントです。一定の角度だけだと、飛び散る水を防ぎにくいことがあります。なるべく飛沫を増やさないためには、ハンドシャワーをうまく使っていきましょう。