トイレ買取、便器買取、水栓買取、食洗器買取

トイレ、水栓、便座など住宅機器買取専門店

*

食洗機、ビルトイン食洗機、業務用食洗機買取専門店

  • 食洗機買取専門店は日本と世界を繋ぐ架け橋として、新品、中古商品をリユースしていきます!
  • 食洗機買取専門店は専門家を擁した査定、徹底した価格調査で、業界最高価格の買取価格を目指します!
  • 食洗機買取専門店は今までのリサイクルショップにはない、丁寧な接客を心がけます!

食洗機、食器洗い乾燥機買い取り価格

全国対応!食洗機、業務用食洗機、ビルトイン食洗器
なんでも高く売るなら!

リクシル(イナックス)、パナソニック、ホシザキなど全メーカー対応!
水回り商品を業界最高価格でのお買い取りを致します!高価買取!
中古、新品を問わずお買取りさせて頂きます。

徹底した価格調査をしておりますが、
査定時にもし買取金額が他店様よりも1円でも低かった場合、ぜひご相談下さい!

特にパナソニックのビルトイン食洗器を強化買取!
まずは フリーダイヤル 0120-973-563 にお電話を!!

カンタン!24時間受付お問い合わせフォーム!


パナソニック
ビルトイン食洗機
NP-45MD7S

新品買取価格:61,000円

象印
ミニでか食洗機
BW-GA60

中古買取
価格:6,500円

パナソニック
食器洗い乾燥機
NP-TM7
中古買取価格:13,000円

 

 ホシザキ 業務用食洗機 JWE-450RUB3
中古買い取り価格:128,000円

 

ホシザキ 業務用食洗機 JWE-400TUA
中古買い取り価格:92000円

※上記金額は、年式、状態によって変動致します

 

情報盛りだくさん!食洗機買取ブログ!

 

食洗機買取の最新記事

■食洗機の水音はどうやって抑える?

食洗機があると洗い物の手間が省けますが、使用中の水の音は、少し気になるポイントです。場合によっては、テレビの音が聞こえにくいほど大きく響くこともあります。 音のストレスを感じるときは、軽減するための対策をチェックしておき […]

食洗器の臭いを防ぐための対策

食洗器による洗い物はとても楽ですが、中から嫌な臭いが漂ってくると、積極的に使えなくなることもあります。 そんな悩みを解決するには、食洗器の臭いを取り除くための工夫をしていきましょう。いつも快適に洗える状態にしておけば、ど […]

食洗器の寿命はどのくらいを目安に考えればいい?

食洗器には「据え置き型」のものと「ビルトイン型」のものがあります。据え置き型はキッチンの作業台に設置をして使います。そしてビルトイン型はシステムキッチンの中に組み込まれた食洗器のことです。それでは、これらの食洗器の寿命は […]

食洗器を長く使うためのお手入れ方法とは?

食洗器があると食器を洗う時間が減りますし、その時間を子どもとのコミュニケーションにあてたり、自分の時間として活用できます。手荒れの心配も減り、家事の負担が大きく変わるでしょう。しかし、食洗器を長く愛用するためには、日頃の […]

 

食洗器買取ブログの過去一覧はこちら!

 

食洗機、業務用食洗機など高価買取の3つの理由!

  • 買取価格の徹底した他社調査と柔軟な対応で、日本一の買取額を提示できます!
  • その時の最高価格を出すため、流通網を日本だけではなく、世界に向けて販売していきます!
  • 店舗を増やさずインターネット上での展開、様々なコスト自動化により、運営費が抑えらています!

給湯器買取

食洗機、ビルトイン食洗機、業務用食洗器の簡単お手軽な買取方法!

ウォシュレット 買い取り 大人気!簡単お手軽の洗浄便座の宅配買取
お見積り後、御自宅にいるだけでお電話1本で伺います。
どんな食洗機でも買取簡単です!もちろん、送料無料!!即入金!!
ウォシュレット 売る お近くでしたら持ち込み買取!
お電話にて簡易査定青、その場で代金をお渡し致します!!

※前日までの御予約が必要です。お振込みになる場合がございます。
水栓買い取り 可能地域や商品が多い方、法人様など限定ではありますが、
弊社スタッフが直接伺います。あれもこれもという方にはお勧めの買取方法!
柔軟な対応をさせて頂きますので、まずはお電話を!


食洗機豆知識

食洗機のメリットはたくさんあります!

・手で洗うよりキレイになる
・除菌がしっかりできるので清潔
・時間にゆとりができる
・手で洗うより節水ができる
・ビルトインタイプならスッキリする
・お皿など収納代わりとして

他にもたくさんあると思いますが、多くのメリットがあるのが食洗器です。
現在ではマンションなどキッチンスペースが少ない御家庭でも、
コンパクトに設置できる食洗機がたくさん出ています。

もし、キッチンを広くする場合、ビルトイン食洗器はホントにお勧めです!
キッチンがスッキリして、クリーニングも自動でやってくれたりします。

食洗機の御買い換えの際は、ぜひ弊社へお見積り下さい!!

 

食洗器を使うときに注意したい洗いにくい食器の特徴

食器を楽に洗うなら、食洗器はとても便利なものです。とはいえ、どんなものでもきれいに洗えるわけではありません。中には洗いにくいの食器もあるので、使うときは慎重に選ぶ必要があります。

洗いにくい食器の特徴を把握し、食洗器をうまく使っていきましょう。

<深くて丸い>

茶碗によってはかなり深くなったタイプもありますが、そのような食器は、隅々まで洗えない可能性があります。深すぎるために、普通に入れても、奥まで届かないのです。

しっかり洗うためには、余裕をもたせて配置する必要があります。ある程度間隔を空けてセットし、全体を満遍なく洗えるようにしておきましょう。

また、深さのある皿にも注意が必要です。平皿と違い、カーブの部分が邪魔になり、他の食器を入れるスペースまで圧迫することがあります。きちんと立てることを重視するなら深い方が適していますが、少し多めに入れたい場合は、平皿を優先していきましょう。

<高さがあり底が厚い>

背の高いグラスなどは、食洗器の中で倒れることがあるので、気をつけてください。安定しにくいのは、高さがあり、底も厚くなったタンブラータイプです。そうしたグラスを食洗器に入れると、洗うときに水が当たっただけでバランスが崩れ、倒れることがあります。高さと厚さに加え、飲み口が少し狭くなっているグラスも安定性が低いので、洗うときは慎重にセットしましょう。

また、扉が閉まらないことも、困った問題のひとつです。背が高すぎるグラスは、引っかかってしまい、うまく閉められないことがあります。低めのグラスにしておけば、セットも楽になり、すんなりと洗うことができるのです。

<他の食器とデザインの相性が悪い>

普段から使っているものと相性が悪い食器は、食洗器の中にうまく入らないことがあります。

例えば、深めの食器が多い場合、また深いものを加えるとスペースがなくなり、あまり多く入りません。一度に洗う量を多めにしたいなら、深いものと浅いものをうまく組み合わせることが大切です。

また、デザインが違いすぎる場合も、スムーズにセットできない可能性があります。同じようなデザインであれば、苦労しなくてもきれいに並べられますが、あとから加えたものがまったく異なるデザインだと、バランスがとれなくなるのです。

食器同士の相性がよければ入りやすくなるので、新しく購入するときは、デザインをしっかり考慮しておきましょう。

 

 

食洗機を使うと汚れが落ちやすい3つの理由

 

食洗機はとても便利アイテムですが、始めて手を出す場合は、「本当に買うべきか」といった迷いを感じることもあるかもしれません。

そんなときは、手洗いと違う点に注目してみましょう。食洗機ならではの汚れの落ちやすさに魅力を感じたら、ぜひ購入してみてください。

 

<勢いよく水を当てることができる>

 

勢いがある水流は、摩擦の力が強くなるため、ただ水をかけるよりも、汚れが落ちやすくなります。

そのため、水の勢いはできるだけ強くしたいものですが、普通に水道の蛇口から出すだけでは限界があります。いっぱいに開けばある程度は強い勢いになりますが、広範囲に飛沫がかかることも多く、かなり不便に感じるものです。

しかし、食洗機なら問題はありません。水道より強い水流が出るため、しっかり汚れを落とすことができます。飛沫はすべて庫内にとどまるので、周囲が水浸しになる心配もありません。

 

<温度の高いお湯で洗える>

 

油汚れは、冷たい水よりお湯の方が落ちやすいので、念入りにきれいにしたいときは、かなり熱い温度にしておくべきです。

とはいえ、手洗いをするとなれば、それほど高温にはできません。熱くしてもせいぜい40℃前後ですが、油汚れが溶ける温度は、40℃~50℃です。そのため、微妙に温度が足りず、完全には落とし切れないことも多いのです。

そんなときは、食洗器を頼りましょう。食洗機なら、手を触れずに60℃~80℃のお湯で洗えます。それくらい熱いお湯なら、きれいに落とし切るまでの時間も短くなるため、とても便利です。

 

<食洗機では洗浄力の高い洗剤を使える>

 

台所で使う中性洗剤は、野菜や果物を洗うことも想定しているため、健康に影響しないくらいの適度な洗浄力になっています。

一方食洗機は、食器洗いに特化した商品なので、漂白成分やアルカリ成分など、より洗浄力が強いものを入れることができます。殺菌や除菌の効果も高く、食器の清潔をしっかり維持できるのです。

それほど強い洗浄力でも、きちんと安全性のチェックはされているため、洗ったあとに余計なことを気にする必要はありません。あくまでもルールの範囲内で洗浄力を高めているので、安心して使っていきましょう。