トイレ、水栓、便座など住宅機器買取専門店

*

生ごみ処理機買取専門店

  • 私たちは世界を繋ぐ架け橋として、新品、中古商品の生ごみ処理機を買取していきます!
  • 私たちは生ごみ処理機の専門家を擁した査定、徹底した価格調査で、日本最高の買取価格を目指します!
  • 私たちは今までのようなリサイクルショップにはない、丁寧な接客を心がけます!

全国対応!生ごみ処理機など買い取り

全国対応!パナソニック、島産業、ちくま精機なんでも高く売るなら!

生ごみ処理機を業界最高価格でのお買い取りを致します!高価買取!
バイオ式、乾燥式、ハイブリッド式など種類は問いません。
中古、新品を問わずお買取りさせて頂きます。
徹底した価格調査をしておりますが、
査定時にもし買取金額が他店様よりも1円でも低かった場合、ぜひご相談下さい!
近年では個人間オークションも増えていますが、売買後のトラブルも多発しています。
面倒だなーと思う方は、ぜひファーストハンズへ!

 

現在はパリパリキューブ、生ごみリサイクラー、キッチンマジックを強化買取!

まずは フリーダイヤル 0120-973-563 にお電話を!!
(平日9時~19時、土日祝9時~17時)

 

カンタン!24時間受付お問い合わせフォームからでもお待ちしております!

 

生ごみ処理機パリパリ

産業

パリパリキューブライト
PCL-31-BWR
新品買取価格:11000円

パナソニック

パナソニック

生ごみリサイクラー
MS-N53
中古買取価格:高価買取中!

生ごみ処理機島産業

島産業

パリパリキューブ
PPC-01
中古買取価格:6500円

 

日立 キッチンマジック
中古買い取り価格:要問合せ

※上記金額は、年式、状態、在庫によって変動致します

生ごみ処理機のブログはこちら!

 

生ごみ処理機買取の最新記事

コンポストタイプで生ごみを処理するときのコツ

コンポストは、生ごみを土や米ぬか、発酵促進剤などとセットで投入し、手動でかき混ぜるタイプの生ごみ処理機です。微生物の力を借りてごみを分解すれば、堆肥を作ることができます。 これからコンポストを使う人は、処理のコツを意識し […]

ハイブリッド式の生ごみ処理機を使ったときの嬉しいメリット

ハイブリッド式の商品は、乾燥式とバイオ式の優れたポイントを融合させていることが特徴です。 多くのメリットがあり、とてもお得なので、興味がある人は、ぜひ導入を検討してみてください。   <生ごみ処理機の臭いの悩み […]

乾燥式生ごみ処理機を快適に使うための臭い対策3選

乾燥式生ごみ処理機を快適に使うための臭い対策3選   乾燥式生ごみ処理機を使うと、ごみ捨てが楽になりますが、まったくの無臭というわけではありません。そのため、使うときは少し注意が必要です。 ここでは効果的な対策 […]

一人暮らしで生ごみ処理機を使うメリットは?

一人暮らしで生ごみ処理機を使うメリットは?   生ごみ処理機が家にあると、ごみの処分で発生する手間がなくなり、嬉しいメリットを得ることができます。人数が多い家庭だけでなく、一人暮らしであっても、かなり助かるアイ […]

 

生ごみ処理機買取ブログの過去一覧はこちら!

 

生ごみ処理機の高価買取の3つの理由!

  •  生ごみ処理機の徹底した価格調査で、専門店ならではの価格に
  •  仕入れ時点での高価買取を目指し、販売網を世界に向けて発信していきます!
  •  ネットショップの強みであるコストカット、長年の経験による回転率!

 

給湯器買取

生ごみ処理機の買取方法!

ウォシュレット 買い取り 大人気!簡単お手軽の洗浄便座の宅配買取。お客様の梱包も必要無し
お見積り後、御自宅にいるだけでお電話1本で配送員が伺います。
生ごみ処理機でも買取簡単です!もちろん、送料無料!!即入金!!
ウォシュレット 売る お近くでしたら持ち込み買取!
お電話にて簡易査定青、その場で代金をお渡しして、持ち込み手数料プレゼント!

※前日までの御予約が必要です。お振込みになる場合がございます。
水栓買い取り 可能地域や商品が多い方、法人様など限定ではありますが、
弊社スタッフが直接伺います。あれもこれもという方にはお勧めの買取方法!
柔軟な対応をさせて頂きますので、まずはお電話を!

 

生ごみ処理機いろいろ


生ごみ処理機と聞くと、なかなか身近には感じれないと思います。
衛生的な面だけではなく、例えば生ごみからできた有機質肥料で、
人参や玉ねぎなど野菜が作れてしまいます!
生ごみをリサイクルして、家庭で使用できるなんて、考えもしませんね。
ただ、生ごみ処理機を何年も使っていると、処理能力は落ちてしまいますので、
買い替えをする必要は出てきます。

最近ではディスポーザーがついているマンションも増えてきています。
ただ、これは生ごみを細かくして、下水道に流すだけなので、
処理方法は違ってきます。でもやっぱりラクですよね・・・。

近年では自治体でお金を出してくれる地区も増えてきました。
買い替えなら、全国対応のファーストハンズで買取をお待ちしております!

 

カンタン!お問い合わせフォームはこちらから!

購入前に確認!生ごみ処理機にはどんなタイプがあるの?

生ごみ処理機があれば、ごみの収集日までに生ごみの悪臭に悩まされなくて済みます。ごみを肥料として使えるように処理してくれるものもあり、今、生ごみ処理機を購入する人が経ています。では、どのようなタイプの生ごみ処理機があるのでしょうか。

バイオ式の生ごみ処理機

バイオ式の生ごみ処理機は、微生物の力を使ってごみを分解するというものです。本体の中には発行補助剤や種菌を入れておき、その中に生ごみを投入します。バイオ式の生ごみ処理機は、電気を用いてこれらをかき混ぜることで、生ごみを堆肥へと変化させることができるのです。

基本的にバイオ式は、屋外に設置をします。なかには、生ごみを堆肥にするまでに時間がかかるものもあるのですが、生ごみ処理機から庭や畑などに運びやすいというメリットがあります。ちなみに、バイオ式の生ごみ処理機を使った堆肥は、1か月ほどで効果を実感できるでしょう。

乾燥式の生ごみ処理機

乾燥式の生ごみ処理機は、なんといっても処理方法が簡単です。高熱によって生ごみを乾燥させ、カラカラの状態に変化させるので、生ごみの臭いも軽減させることができますし、ゴミ捨てがとてもラクになります。一般的に生ごみの7割から8割は水分であるといわれているので、乾燥させることにより、生ごみの量もとても少ない量に減ります。

乾燥式の生ごみ処理機はキッチンに置きます。コンパクトでおしゃれなデザインのものが多いので、違和感なく設置できる点が魅力です。生ごみがそれほど多くはなく、手軽に生ごみ処理機を使いたいという人に向いています。

密閉容器タイプの生ごみ処理機

生ごみ処理機ではあるものの、電気は使いません。ボカシ肥という、もみ殻や米ぬかと微生物を混ぜたもののなかに生ごみを入れることで、微生物の力を使って生ごみを発酵させるのです。生ごみ処理機も数千円という価格で購入ができるため、とりあえず生ごみ処理機を使ってみたいという初心者の方にもおすすめです。

 

生ごみ処理機の置き場所を考えるときの6つのポイント

生ごみ処理機を選ぶときは、屋内に置くか屋外に置くか考えることになります。その際、適当に決めてはいけません。デメリットのある場所では、あとで困ることになります。

ここでは、設置場所について考えるときのチェックポイントを紹介するので、購入する予定がある人は参考にしてみてください。

 

<どれくらいのスペースを確保できるか>

 

屋内で生ごみ処理機を使いたかったとしても、スペースの確保が難しければ、すんなり置けないかもしれません。

限られたスペースしかなく、うまく配置できずに悩んでしまうようなら、まずコンパクトなタイプをチェックしてみましょう。小さい生ごみ処理機なら、屋内のスペースが多少狭くても、問題なく置ける可能性が高いのです。

それでも設置できそうにないときは、無理に屋内に入れるのではなく、屋外で使うことも検討してみてください。すんなりと設置できる場所なら、窮屈さがなくなり、楽に使えるようになります。

 

<臭いが漏れても大丈夫か>

 

生ごみ処理機があれば、ごみを長くため込む必要がないため、ひどい臭いの発生を防ぐことができます。とはいえ、生ごみを扱う以上、ある程度は臭いが漂ってくるので、設置場所を決めるときは注意してください。

臭いが気になってしまうようなら、屋外へ設置した方が快適に使用できるでしょう。しかし、住宅が密集していて、隣の家との距離が近い場合は、迷惑をかけてしまうことも考えられます。そこがどんな環境なのかよく考え、なるべく臭いの影響がない場所を探してみてください。

また、商品の機能を調べて、脱臭力の高いタイプを選択することも大切です。少しでも不快な臭いの発生を抑え、場所の選択肢を増やしましょう。

 

<音が響きすぎないか>

 

生ごみ処理機は、稼働音が大きく感じることもあります。そのため、遅い時間に処理することが多い場合は、音の影響がない場所を選んでおくべきです。

あまりうるさいと、積極的に使う気になれないこともあるので、慎重に考えて設置しましょう。他の人に迷惑をかける場所もしっかり避けつつ、デメリットのない場所を見極めれば、しっかり生ごみを処理できます。

また、時間をずらす工夫も大切です。静かな夜に稼働させるとうるさく感じても、他の音がいろいろとある日中であれば、それほど気にならないこともあります。もし時間帯を選べるなら、できる限り影響がないタイミングを狙ってください。

 

<肥料を運ぶときに不便さはないか>

 

バイオ式生ごみ処理機は、有機肥料を作ることができます。それを庭の花壇などに使うなら、外に設置していた方が便利です。

家の奥まった場所に設置していると、せっかく肥料を作っても、運ぶ作業を面倒に感じてしまう可能性があります。距離が短く、スムーズに運べるようなら問題はありませんが、あとで困ることもあるので、慎重に検討していきましょう。花壇や菜園の場所をしっかり考慮しつつ、最適な場所を見つけ出してください。

 

<雨風がもろに当たらないか>

 

設置した生ごみ処理機が常に雨ざらしの状態だと、劣化は早くなります。ダメージがどんどん蓄積され、故障しやすくなることも多いので、屋外への設置を予定しているなら、注意しましょう。

屋外に出すとしても、あまり雨風が当たらない場所を選んでおいた方が、ダメージは小さくなります。それなら長持ちするため、買い替える回数も少なく抑えられるのです。

どうしても雨風をしのげないようなら、屋外を諦め、屋内への設置も視野に入れていきましょう。劣化しにくいことを重視するなら、建物の中が最も適した環境になります。

 

<ベランダで手すりから離せるか>

 

生ごみ処理機をベランダで使いたいなら、きちんと手すりから離せるかどうか、チェックしてみてください。近い距離にしか置けない場合や、ぴったり密着するような場合は、別の場所にすることをおすすめします。

なぜなら、避難用の通路を塞ぐ可能性があるからです。何か起こってベランダへ出たとき、生ごみ処理機が邪魔で思うように動けないと、かなり困ることになります。

また、子供がいる家庭でも注意が必要です。手すりのすぐそばにある生ごみ処理機は、子供が踏み台にしてしまう恐れがあります。転落事故を防ぐためにも、手すりから離せないときは設置を控えましょう。

手すりから60cmくらい離れていれば安全なので、必ずスペースを確認しておいてください。

事前のお買取り見積もりは フリーダイヤル 0120-973-563 にお電話を!!
(平日9時~19時、土日祝9時~17時)

カンタン!24時間受付の買取価格お問い合わせフォーム!

■生ごみ処理機を購入するときのタイプの選び方

 

生ごみ処理機を始めて買うときは、商品のタイプをよく考えることが大切です。目的に合わないものを選んでしまうと、あまり便利に使えないことがあります。

ここでは、購入するときによくある希望と、それに合ったおすすめのタイプを紹介していくので、選ぶときは参考にしてみてください。

 

<家の中に設置して使うなら乾燥式>

 

屋内で使うための生ごみ処理機を買うなら、乾燥させるタイプを優先的に見ていきましょう。風や熱によって中のごみを熱し、水分を蒸発させることが特徴であり、家の中の使用に適した要素を多く備えています。

まず注目したいのは、コンパクトなことです。基本的に家庭用が多く、最初から家の中に設置することを想定して設計されているため、どれも小さいサイズになっています。あまり場所をとらないため、少し狭いスペースにも入れることができ、屋内で使うには最適です。

また、臭いのデメリットが少ないことも、魅力的なポイントになります。きちんと密閉できるものを選んでおけば、臭いが漏れにくいため、家の中でも快適に使えます。バイオ式も屋内で使えないことはありませんが、臭いが強くなりがちなので、注意が必要です。リスクの少ないものを使うなら、乾燥式の方を選んでおきましょう。

 

<肥料を作るならバイオ式>

 

家庭菜園やガーデニングをする人は、「生ごみを肥料にできれば」と考えることも多いのではないでしょうか?

そんなときに役立つタイプが、バイオ式です。このタイプは、生ごみにバイオチップなどを混ぜることで、微生物の力を借り、炭酸ガスと水に分解していきます。その機能があれば、生ごみを素早く肥料に変え、有効に使うことができるのです。

乾燥式でカラカラにしたごみも肥料にはなりますが、堆肥になるまでしばらく時間を取られるため、早めに肥料が欲しいときは困ることもあります。一方、バイオ式は1ヶ月程度寝かせておけば堆肥化するため、比較的早く使えるようになるのです。肥料の確保を最優先するときは、なるべくバイオ式を選んでおきましょう。

ただし、乾燥式ほどコンパクトではなく、臭いも出やすくなっているため、設置場所には注意してください。基本的に屋外用が多いので、庭などがおすすめです。

 

<乾燥とバイオで迷ったらハイブリッド式>

 

乾燥式とバイオ式は、どちらも優れた特徴を備えているため、ときには選べなくなることもあります。「中間のタイプが欲しい」という人は、ハイブリッド式に注目してみましょう。

このタイプは、乾燥とバイオのハイブリッドであり、生ごみを乾燥させたあとで、さらに微生物による分解を行います。両方の特徴を併せもつタイプなので、迷ってしまうときは、選択肢に加えてみてください。

ただし、設置スペースは、事前にしっかり確保しておきましょう。高い脱臭機能があるため、屋内でもまったく問題なく使うことができますが、大型のものが多くなっています。そのため、きちんと置き場所を作っておかないと、せっかく買ってもうまく使えないことがあるのです。本当に家の中で使えるかどうか、よく考えてから購入しましょう。

 

<分別の手間を省くなら粉砕式>

 

生ごみを分別してから捨てる作業は、面倒で省きたくなってしまうこともあります。その希望を叶えるためには、粉砕式の生ごみ処理機を探してみましょう。

粉砕式はディスポーザーとも呼ばれており、キッチンの排水溝に取り付けて使うタイプです。中で細かく粉砕し、水と一緒に流してしまうため、収集場所へ持っていくための面倒な作業はカットできます。臭いが漂ってくる心配もなく、いつでも安心して生ごみを捨てられるのです。

ただし、粉砕式を取り付けるには工事が必要になるので、使えるようにするまでのハードルは、他のタイプよりも若干高くなっています。自治体によっては使えないところがあるので、自分が住む地域のルールをよく確かめることも大切です。賃貸物件でも使えないことが多いので、条件を満たしているか、慎重にチェックしてから導入しましょう。